運動 薄毛 効果 髪

MENU

運動不足は髪にも悪いという事実を見なおそう!

 

薄毛で苦しんでいる方や薄毛の対策をしたい方は、シャンプーやサプリなど色々な事に気を配っているケースが大半です。

 

ここで必ず着目していただきたいのが運動です。

 

薄毛とは関係が無いようにも感じますが、

 

 

有酸素運動を継続的に実行すれば血行が良くなり適切な頭皮の状態をキープできる

 

 

という見解が主流なのです。

 

有酸素運動というものを具体的に説明すると「脂肪を燃やす事を目的とした、20分以上継続する運動」となります。

 

これによってたくさん汗をかけるので、男性ホルモンの余剰発生を抑制する事が可能です。

 

対して無酸素運動の場合は、筋力アップにはつながりますが、その分男性ホルモンの分泌量が増えるため薄毛改善作用は望めません。

 

そして、できるかぎりでゆっくりと動作する事が重要です。

 

 

・水泳

 

・ウォーキング

 

・ランニング

 

 

などが推奨されています。

 

特に軽めのウォーキングならば、多忙で時間が確保できない方や運動が不得手な方でも取り組めますし、コツコツ継続すれば確かな作用が表れます。

 

また、欧米化になっている現代の糖質や脂肪の多い食生活も薄毛の要因とされていますが、運動は体質の良化作用を望めるだけでなく、

こうした食生活を改める契機にもなるので、薄毛対策には欠かせない要素であるといえます。

 

運動のストレス発散作用も見逃せない!

 

ストレスが主な要因となっている薄毛も多いので、運動のリフレッシュ効果も非常に有意義なのです。

 

加えて運動により代謝が良くなると、発毛が促進され、発毛サイクルが早くなる可能性も高いです。

 

以上のように、

 

 

身体の内側からの刺激でも、薄毛を防ぐことが叶うのです。

 

 

毛髪自体や頭皮だけに目を向けていても、改善も予防も不可能な場合が大半です。

 

身体は繋がり合っていますから、栄養が頭部のみに集中する事はあり得ないのです。

 

身体全体の健康をキープする事により「最高の薄毛予防」を行いましょう。

 

育毛剤や発毛剤をはじめとする毛生え薬といった原因に直接効果のある対策だけでなく、

適切な有酸素運動といった間接的な薄毛対策も併用することが頭皮や髪にとっても重要なのです。