プロペシアで顔や頭皮ニキビが増える理由

MENU

プロペシアを使うと本当にニキビが増えるのか?

ニキビが気になる男性

 

「プロペシアを飲むと性欲が低下したり勃起不全の副作用はよく耳にする話だけど、ニキビが増えるっていうのは聞いたことがなかった。」

 

そんな口コミやSNS等の書き込みを目にして、もっと詳しい情報が知りたくて、あなたはこのページに辿り着いたことと思います。

 

私も学生時代にニキビでは相当悩まされた経験を持っているので分かりますが、

ニキビが増えるということは、皮脂の分泌が活発になるわけですから、顔や頭皮もベタベタした状態になるということです。

 

薄毛というコンプレックスに加え、さらにニキビ面にもなってしまう事を考えれば、この薬を本当に使うべきか否かという気持ちになるのも無理はありません。

 

では、果たして本当にプロペシアを飲むことでニキビが本当に増えるのか。

 

この問題を明らかにするために、ここで詳しく見ていきましょう。

 

 

プロペシアではニキビが増えると言われる理由とは

 

いきなり結論から申し上げる形になってしまいますが、プロペシアを飲んでニキビが増えるという因果関係はありません。

 

その理由は、プロペシアがジヒドロテストステロン(DHT)を生成するのを防ぐ役割をする薬だからです。

 

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で、薄毛だけではなく体毛が濃くなったり、あなたが気になっているニキビを増やす働きをします。

 

そのジヒドロテストステロンの生成をさせないようにするプロペシアを飲むことによってニキビが増えるという理論は普通に考えて成り立たないわけです。

 

では、なぜプロペシアを飲むとニキビが増えるという人が少なからずいるのでしょうか。

 

口コミサイトや掲示板、SNSの書き込み等を見ていくと2つの理由が見えてきます。

 

 

プロペシアでニキビが出来るという理由@:外用薬も併用している

 

薄毛を改善するための毛生え薬の中で、ニキビが出来るという副作用が見られるものは「ミノキシジル」です。

 

ミノキシジルとはCMでお馴染みのリアップや皮膚科、AGAクリニック等で処方される外用薬に含まれている発毛成分になります。

 

このミノキシジルには血管を拡張する作用があり、それによって毛穴が必要以上に広がってしまい、頭皮ニキビをはじめとした皮膚疾患が出るケースが確認されています。

 

また、肌の弱い人がミノキシジルがおでこや生え際に付着することによって炎症を起こしてしまうことで、ニキビのような物が出来てしまうことがあります。

 

このようにプロペシアと併用してミノキシジルが入った外用薬を使用している場合に、ニキビの症状を訴える人が比較的多く見られるのです。

 

 

プロペシアでニキビが出来るという理由A:肌荒れの副作用と混同してしまう

 

プロペシアの副作用で見られる症状の中には、かゆみやフケ、蕁麻疹といった発疹といった肌疾患の症例が確認されています。

 

特に頭皮のトラブルが多いと言われていますが、これは元々の頭皮の状態が問題となるケースが多いです。

 

特にプロペシアを服用してAGAの治療を開始すると、どうしてもその効果が気になり、手が頭皮に行ってしまう頻度が増えてしまいます。

 

過度な接触により、頭皮が炎症を起こしてしまうと、炎症の影響で頭皮が剥離しやすくなり、かゆみやフケが増えてしまう傾向があると言われています。

 

かゆみが増えれば人によっては掻きむしったりして炎症は広がりますし、

頭頂部ではなくM字やおでこの薄毛の人の場合は生え際を掻きむしることでニキビのような物が出来てしまうケースがあります。

 

このようにプロペシアとニキビとの因果関係はありませんが、プロペシアによって肌疾患の症状が起こる可能性がある事は確認されていますので十分に注意は必要です。

 

 

プロペシアで薄毛を改善したいと思うなら

 

プロペシアは、フィナステリドという育毛効果のある成分が含まれていますが、もともとフィナステリドは、前立腺肥大の治療薬としてアメリカで開発されたものです。

 

前立腺肥大の患者がフィナステリドを服用するようになってから、目に見えて髪が生えたことで、育毛効果があるとわかりその後フィナステリドを主成分としたプロペシアが開発されるようになりました。

 

このプロペシアは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼという酵素を阻害する働きがあるため、

医薬品としてあなたが悩んでいる抜け毛や薄毛に効果があると認められています。

 

ただし、ここまでお話してきた肌トラブルの他にも、プロペシアの副作用には性欲減退や勃起障害といった生殖機能への影響をはじめ、肝機能障害と言った重大な症状が起こるリスクもあります。

 

これは国内、海外を通じた臨床結果からも明らかになっていることなので、よく副作用を理解した上で使用を検討するようにしましょう。

 

 

>>> 【医療従事者厳選】効果が大きくて副作用のない毛生え薬はこちら