プロペシアで太る理由

MENU

プロペシアの副作用で太ると言われる理由は何が原因か

太っている男性

 

抜け毛防止や発毛効果のある毛生え薬として薄毛で悩む世の男性が一度は試したいと思うプロペシア。

 

でも、プロペシアを飲んで太ってしまったという報告例が各所で見られます。

 

プロペシアは効果だけでなく副作用に関しても何かと話題になる薬ではありますが、正直言って、ハゲだけでも精神的に追い込まれているのに、その上デブになる・・・。

 

これって薄毛で悩んでいる当の本人からしてみれば、完全に本末転倒な話ですよね。

 

しかしながら、プロペシアの販売元であるMSD社の臨床試験の結果で見られた副作用の中にプロペシアを飲んで体重増加が見られたという事例はありません。

 

では、この話はデマなのか?

 

実は、この問題を掘り下げていくと、デマと一言で片付けられる話ではないことがわかってきました。

 

この事実を知れば、

プロペシアを飲んで太るだけならまだしも、深刻な病気につながる可能性もある

という事もお分かり頂けると思いますので、ぜひ最後まで御覧ください。

 

プロペシアで太る可能性のある原因@消化器系の症状

 

プロペシアの副作用の中には、吐き気や胃部不快感という消化器系の異常例が確認されています。

 

この症状があると、通常は食欲は落ちるわけですが、個人差はありますが、多くの場合、初期症状として食欲不振が見られるケースが多くなっています。

 

そのため、消化器系が正常に戻ると、胃酸の分泌量が元に戻ることで体調が良くなったと感じ、

今まで食べられなかった反動から食欲が一気に増加する可能性は十分に考えられます。

 

つまり、薬の影響で食欲が低下から食欲が元に戻る事で、

一種のリバウンドのような状態

になることで体重増加につながってしまうのです。

 

プロペシアで太る可能性のある原因ALDLコレステロールの上昇

 

太る可能性のある原因の2つ目として考えられるのは血中LDLコレステロール値の上昇です。

 

俗に悪玉と呼ばれ、善玉と呼ばれるHDLコレステロールと対を為しているのがLDLですが、プロペシアを服用することによって、この値が上昇するケースが確認されています。

 

通常は肉類や乳製品中心の食生活やストレス、運動不足などでLDLコレステロール値は上昇すると言われていますが、この値が上がったからといって太るわけではありません。

 

問題なのはコレステロールと中性脂肪は密接な関係があること。

 

HDLコレステロールが減少してLDLコレステロールが増加すると血液中の中性脂肪は増加します。

 

はっきりとした因果関係はないので断定的には申し上げられませんが、プロペシアを飲むことでLDLコレステロールが上昇することにより、

HDLコレステロールとのバランスが崩れ、結果として中性脂肪の増加を促すという同様の現象が起こっている可能性もあるかもしれません。

 

そればかりか、LDLコレステロール値ばかりが上昇すると、動脈の硬化が起き易くなるという問題が生じ、

ひいては心筋梗塞・脳梗塞といった致命的な病気の要因・遠因となる可能性も秘めており、単に太る以上に危険なリスクがある事も覚えておきましょう。

 

プロペシアで太る可能性のある原因B肝臓機能の低下

 

3つ目の原因がプロペシアによる肝機能障害です。

 

この症状はプロペシアの副作用の中で重大な症状として注意喚起されており、国内数十万人の利用者のうちの十数例中には重篤な肝機能障害が出たという報告があります。

 

肝臓は代謝、解毒(分解)、胆汁の生成や分泌をおこなう人間に取って非常に重要な器官ですが、この肝機能が低下すると身体に様々な影響を及ぼします。

 

その1つの症状として、上手く代謝ができなくなることで肝臓に中性脂肪が溜まってしまう脂肪肝があります。

 

この脂肪肝は見た目では太って見えない、いわゆる隠れ肥満のため自覚症状がなく、健康診断で中性脂肪の値が異常に高くなってわかる実に恐い病気です。

 

それだけではなく、本来分解される栄養素も肝機能の低下がおきれば正常に処理できないため、はっきりとした体重増加につながるリスクは十分に考えられます。

 

このようにプロペシアを飲んで直接的に太るといった作用はありませんが、別の副作用が引き金となってしまう可能性があるのです。

 

仮に、プロペシアを飲んでいる事以外に太る原因が思い当たらないのであれば、肝機能障害やLDLコレステロールの異常のサインであると考えるべきなのです。

 

そのまま放置しておけば、

糖尿病や肝臓がんなど見た目の悩みだけではすまされない重大なリスク

をはらんでいることもしっかり理解しておきましょう。

 

プロペシアは確かに薄毛の進行を食い止めてくれる有効な毛生え薬であることは認められています。

 

しかし、同時に劇薬に指定されている薬であることも十分に理解した上で使用するか検討する必要があります。