毛生え薬 飲み薬

MENU

毛生え薬の飲み薬として代表的なプロペシアでメリットとデメリットを解説!

 

飲み薬の毛生え薬と言えば、日本でも認知度がかなり向上しつつあるのがフィナステリドという成分。

 

製品名ではプロペシアと言われていますが、日本国内では基本的に医師の処方がないと服用することはできません。

 

AGAクリニックの露出が増えたことで、使用者も増えて来ていますが、この飲み薬の毛生え薬にはどんなメリットとデメリットがあるかについて詳しく理解している人は少ないものです。

 

そこで、ここではプロペシアという毛生え薬のメリットとデメリットを説明して行きたいと思います。

 

プロペシアのメリット・デメリット

 

プロペシアは医師が処方しないと手に入らない医薬品だからこその即効性があるため、真剣に悩んでいる場合ほど飲み薬に頼る傾向がありますが、注意しなければいけない点もあります。

 

 

プロペシアのメリット

 

メリット 医学的には効果が保証されている
メリット 医師の処方なので安心できる

 

 

 

プロペシアのデメリット

 

デメリット 副作用のリスクが高い
デメリット クリニックまで出向かないといけない
デメリット 保険適用外なのでコスパが悪い

 

 

メリットは何といっても医学的に発毛効果が認められている成分だと言うこと。

 

しかしながら、それ以上に恐いのが副作用です。

 

もちろん、症状が必ず出るわけではありませんが、プロペシアは男性機能の低下をはじめ様々な副作用が見られるため、

薄毛が改善したとしてもその他の症状で悩みを抱える可能性があるということなのです。

 

毛生え薬(飲み薬タイプ)の服用期間は意外と長い!?

 

プロペシアのような飲む毛生え薬には、その効果を発揮するまで、最低飲み続けなければいけない期間が設けられています。

 

なんとその期間、6ヶ月!!

 

即効性がある飲むタイプの毛生え薬でさえ、半年もの服用期間を経なければ実際に効果があったかなかったかを見定めることができないのです。

 

>>>プロペシアの効果が現れる期間についてはこちら

 

 

それだけならまだしも、先程デメリットで解説した副作用のリスクがありますが、6ヶ月間も飲み続けなければいけないという事は、

体内にどんどん成分が蓄積される事と同じですから、なんらかの副作用の症状が高くなることは間違いありません。

 

それでいて残念な事に、発毛効果はあるといえども100%毛が生える保証はありません

 

 

 

当サイトでは医薬品の毛生え薬は推奨していません。

 

>>>当サイトで推奨する毛生え薬はこちらで公開!