毛生え薬の効果と育毛サプリ

MENU

育毛サプリは薄毛改善にどれほど効果があるのか

 

頭皮に育毛剤や発毛剤のような毛生え薬を使うことによって、外側から薄毛の進行ブロックして発毛効果を促進する、

というのが今日まで一般的な方法でしたが、こうした塗り薬だけでは薄毛の改善にも限界があります。

 

そのため、体質の良化や、飲み薬を用いた治療も合わせて行っていくのがAGA専門のクリニックでは推奨されていますが、

最近では「育毛サプリメント」と呼ばれる医薬部外品も増えてきました。

 

この育毛サプリには、髪や頭皮に良いと言われる亜鉛やノコギリヤシを含有しているものが大半であり、さしずめ「飲む育毛剤」と言っても良いかもしれません。

 

しかしながら、成分的に見ると育毛サプリのみで、劣悪な環境の頭皮に毛髪を生やす事はほぼ不可能と言えます。

 

なぜなら、育毛サプリと育毛剤は含有成分が共通していても、作用の発揮されやすさや身体への吸収性が異なるからです。

 

しかし、「ちょっと薄毛が疑わしい」という段階であれば、育毛サプリだけを使って経過を見守る事も一つの手段にはなります。

 

育毛サプリは併用して使うことで効果が倍増する

 

このように育毛サプリだけでは、満足の行く薄毛改善は見込めないものの、育毛剤や生活改善と併用することで、その効果を発揮してくれます。

 

つまり、育毛サプリは頭皮の状態を調整する「育毛の土台」となります。

 

また、育毛サプリは体内に摂取する形ですが、飲むタイプの医薬品として病院処方される一般的であるプロペシアのような副作用の心配はなく、

育毛剤のサポートをしながら継続して飲み続けることができるのは大きな強みです。

 

薄毛・抜け毛は遺伝の影響を大きく受けますが、なんにせよその対策は早く始めるに越したことはありません。

 

「育毛・発毛のきっかけ」が全て消えてからでは、毛髪が生えてくるような頭皮環境ではなくなってしまうからです。

 

「育毛なんて恥ずかしい」「遺伝だから意味がない」などと思わず、少しでも気掛かりになったら即座に対策をスタートしましょう。

 

 

 

【医療のプロ】が厳選した毛生え薬ランキング最強5選

 

>>>その毛生え薬はこちらで公開中!